【公式】C-able 山口ケーブルビジョン

詐欺ウォール – 特徴と機能

  1. ホーム
  2. インターネット
  3. オプションサービス
  4. セキュリティ
  5. 詐欺ウォール
  6. 詐欺ウォール – 特徴と機能
画像:詐欺ウォール

特長 ヒューリスティック検知エンジン/高度な解析技術と確かな検知力

  1. AI検知
  2. ブラックリスト
  3. ヒューリスティック検知のトリプルブロック

従来からの検知機能「ブラックリスト」、
詐欺ウォールだけの「ヒューリスティック検知」とは

ロゴマーク:ブラックリスト

ブラックリスト検知は、公共機関などへの通報などによって確認されたURLリストによる防御です。リストにあるURLに対し、詐欺ウォールが警告します。
ただし、同じ内容の詐欺サイトでもURL違いはブロックできません。

ロゴマーク:ブラックリスト検知

ブラックリスト検知は、公共機関などへの通報などによって確認されたURLリストによる防御です。リストにあるURLに対し、詐欺ウォールが警告します。
ただし、同じ内容の詐欺サイトでもURL違いはブロックできません。
この問題に対処するのがヒューリスティック検知です。その仕組みは、集積した詐欺サイトサンプルを元に専門家が特徴を解析し、コンテンツの中身を自動的に判断する検知エンジンでブロックします。

新しい詐欺ウォールのサービスイメージ

画像:新しい詐欺ウォール

AIエンジンは、ヒューリスティック検知の元となる、専門家による詐欺サイトの分析・チューニングを機械学習で自動化することで、従来のヒューリスティックエンジンを補強し、スピードの速い犯罪者手口の変化にも追従できる検知能力を提供します。

メッセージアプリなどでのWeb閲覧も詐欺ウォールが安全をチェック

画像:アプリ用詐欺ウォール

これまではSNSメッセージ上のリンクを開くと、アプリ内ブラウザーが起動するため、詐欺ウォールからは詐欺サイトのブロックができませんでした。
この問題に対処するため、Android版の詐欺ウォールでは、LINE、Facebookなど主要なSNSのアプリ内ブラウザーにおける詐欺サイトのブロックに対応しました。
※ Android新機能